本ウェブサイトでは、スタイルシートを使用しております。このメッセージが表示される場合には、スタイルシートをoffにされている、またはブラウザが未対応の可能性があります。本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している内容に変わりはありません。

以下のリンクより、本文へジャンプができます。

  • TOP >
  • 働く女子の本音。ホワイトデー・義理のお返し事情、教えます!

JOGGO PRESS

働く女子の本音。ホワイトデー・義理のお返し事情、教えます!

  • Feb 08. 2016
  • プレゼント

バレンタインデーに職場の女性陣から義理チョコをもらった方、ホワイトデーのお返しはもうお決まりですか?
「何事もなかったかのようにやり過ごしたい。面倒くさいし、結構お金もかかるからなぁ…。」
おそらく、義理チョコをもらった男性のほとんどが、正直こう思っていると思います。
そんなあなたへ!女性心をつかんだ手頃なお返しの方法を伝授します。

ホワイトデー・義理のお返し事情

オフィス

●そもそも女性はお返しを期待している?

実際のところ、義理チョコを渡した相手からのお返しを、女性はどのくらい期待しているのでしょうか?

Q.義理チョコのお返しをホワイトデーに期待しますか?

ホワイトデーのお返し

出典:http://research.lifemedia.jp/2013/02/130206_valentine.html

なんと、世代別に見ても平均7割くらいの女性が、ホワイトデーのお返しを期待していない、という結果となっています。

しかし、この結果を受けて「良かったー。じゃあ義理のお返しをしなくても何も思われないんだな。」なんて、胸を撫で下ろしてはいけません!ほとんどの女性が期待をしていないからこそ、あなたがお返しを渡すと一気に好感度が上がるのです!

「ちゃんと一人一人にお返しをくれるなんて、とっても律儀な男性だわ。」と好印象を与えることができるチャンス!今まではホワイトデーの義理のお返しをスルーしていたあなた。今年はセンスのあるお返しを渡して、女性たちのハートを掴みましょう。

ホワイトデー、義理のお返しの予算・種類・渡し方って?

ホワイトデー

●人数を確認

バレンタインデーに、何人の女性から義理チョコをもらったのか、そしてそれがどのくらいの価格のものだったかを思い出してみましょう。義理チョコといえども、明らかに高級そうなチョコレートをくれた女性と、仲良しグループで合算して数百円のお菓子をくれた女性がいた場合、すべてに同じお返しを渡しても良いのかどうか、見極める必要があります。
高級そうなチョコレートをくれた女性には、みんなと同じお返しをした後に、こっそり「これ、おまけ!」などと言って、この後紹介する、スイーツ以外のプラスアルファのお返しをつけると良いでしょう。

●予算は?

予算の相場としては、一人当たり500円くらいが多いようです。しかし、職場の同僚にお返しをする場合、その人数が20人以上ともなってくると、一人一人にかけるコスト予算は、低くせざるを得ませんよね。そ
の際に、コンビニに数十円で売っているようなお菓子を渡しては、せっかくの気持ちが伝わりにくくなります。低コストでも、女性が「わぁ~!」と喜ぶものを渡さなければいけません。

●渡し方は?

職場の女性が多い場合は、大きなお菓子の詰め合わせを、ホワイトデーの来社した朝に、「良かったら皆さんで召し上がってください!」と渡すと良いでしょう。10人以下のお返しの場合は、一人ひとり手渡しで、「この前のチョコのお礼です。良かったらどうぞ!」と一言感謝の気持ちを伝えれば、完璧です。

では、実際にホワイトデーにどのような義理のお返しが喜ばれるのか、ジャンル別にご紹介していきたいと思います。

ホワイトデーにおすすめ!義理のお返しスイーツ

ホワイトデークッキー

ホワイトデーのお返しはクッキーとマシュマロが定番です。この2種類は手頃な値段で大人数の分を賄えるのが嬉しいポイント。押さえておきたい、おすすめのクッキーとマシュマロをご紹介します。

●クッキー編

1.テディからの贈り物:200円~

テディベアのクッキー

出典:http://item.rakuten.co.jp/topbridal/g065001/

可愛らしいテディベアのクッキーが、個包装になっています。お腹に描かれた「thank you!」の文字が、さりげなくお礼を伝えてくれています。一つ当たりの単価が200円代と割安なので、職場の女性が大人数の場合のお返しにも対応しやすいですよ。

2.クッキー&紅茶セット:200円~

クッキーと紅茶

出典:http://item.rakuten.co.jp/concirge/c0404/

こちらも一個あたりが200円代と、格安のプチギフトです。値段はリーズナブルですが、クッキー2個と、セイロンティーがセットになっていて、とてもオシャレです。このお返しを渡せば、その日のお昼休憩の時に、早速、お茶と一緒に食べたくなること、間違いなしです!

3.レーマン:600円~ 

ルーブリアン

出典:http://www.reman.co.jp/products/lubriant.html

ちょっと予算が上がりますが、素敵な缶に入った、高級感のあるアソートセットです。こちらは、大丸松坂屋のオンラインショップでも購入できます。チョコレートがかかった甘いサブレは、コーヒーのお供にぴったりです。

●マシュマロ編

1.ホワイトデーラブリーマシュマロバスケット:480円~

マシュマロバスケット

出典:http://item.rakuten.co.jp

まさに、ホワイトデーのお返しにぴったりな、マシュマロのプチギフトです。「thank you」と「white day」の印字がされたマシュマロは、ちゃんとお礼を言うのが苦手な、口下手な男性にもオススメです。かわいいバスケットに入っている所も、女心をくすぐります。

2.鶴乃子 濃い茶おぐら:650円~

鶴の子

http://www.ishimura.co.jp/wa/koicya/

福岡の老舗、石村萬盛堂の有名菓子といえば「鶴の子」。今回は、その中の限定商品である抹茶おぐらをご紹介。同じマシュマロでも、和菓子だと珍しいし、幅広い世代の女性に喜ばれそうですよね。また「限定」という言葉だけで女性をワクワクさせてしまう逸品です。

●そのほかのスイーツ

渡せば絶対喜んでもらえる、そんな編集部おすすめホワイトデースイーツをご紹介します!

1.グーテ・デ・ロワ:600円~

グーテデロワ

出典:http://shop.gateaufesta-harada.com

博多阪急にある店舗では、常に行列ができるほど大人気の、ガトーフェスタハラダ。その中でも定番であるラスクが、不動の人気を誇っています。甘すぎない味とサクッと軽い食感が、ついついもう一個と手を出してしまうような、やみつきになるお菓子です。

2.天使のマカロン:400円~ 

天使のマカロン

出典:http://item.rakuten.co.jp

カラフルで美味しいマカロンは、女性にとても人気があります。たくさんの種類の中から2個をチョイスしてセット包装をしてくれるので、複数のパターンを作って、渡すときに女性に選んでもらうと楽しいかもしれません。

3.ちっちゃなくまちゃんと焼き菓子3種のプチギフト:700円~

くま焼き菓子

出典:http://item.rakuten.co.jp

こちらは、お子さんがいる女性へのお返しにオススメしたい焼き菓子です。季節のフルーツをふんだんに使った三種類の焼き菓子を、ちっちゃなくまと一緒にラッピング。「お子さんと一緒に召し上がってください!」と一言添えて渡せば、喜んでもらえます。

高級そうな義理チョコへのお返し編

高級そうな義理チョコをくれちゃった女性には、形に残るお返しはいかがでしょうか?スイーツに比べて、物のお返しは「しっかりあの人はお返しをしてくれた」という印象が残るので、さらに好印象!女性に人気の高い、外さないプチギフトをご紹介します。

1.ピンクグレープフルーツ ミニバスセット:500円~

ボディショップ

出典:http://www.the-body-shop.co.jp

ピンクグレープフルーツの香りがさわやかな、ボディソープと泡立ちの良いバスリリーのセットです。ミニボトルは、手洗い用のハンドソープとしてデスクに置いておくのも良さそうです。

2.サシェ:400円~

サシェ

出典:http://item.rakuten.co.jp/bathlier

サシェとは、布や紙などに香りがついた芳香剤のことです。部屋に飾ったり、クローゼットに入れたりすることで、ほのかな香りを楽しむことができます。これは、南フランスの布地を使ってラベンダーの香りをしみこませた、とてもオシャレなサシェです。ラベンダーは、リラックス効果が期待できる香りなので、女性に人気です。

以上、ホワイトデーのお返しにオススメの逸品をご紹介しました。職場の雰囲気や、渡す相手に合わせて、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
「出来る男は三倍返し!」なんていう言葉がありますが、それは値段だけを意味するものではないと思います。
たとえ義理チョコだったとしても、相手はあなたへのチョコを選ぶ時間を費やしているのですから、その感謝の気持ちを、三倍返ししましょう。素晴らしいホワイトデーになることを、願っています。

  • 笑顔の女性
  • この記事が気に入ったらシェア!しよう

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめの記事

この記事をFacebook,twitterでシェア

  • Facebook
  • twitter